メディアへの出演履歴論文の紹介はこちら

患者搬送ハンドブック
ー救急搬送の世界的スタンダード・ガイドー

救急搬送の抱える問題や疑問について詳しく解説。救急医療先進国においての搬送概論から実際の注意点、計画の立て方までをわかりやすく詳解しており、院内搬送や家族対応方法などにも言及した充実の1冊。

【書籍DATA】

Terry Martin 著帝京平成大学大学院健康科学研究科教授小林國男監訳
帝京平成大学現代ライフ学部講師鈴木てつじ監訳B5判172頁ISBN-10:4-8404-2865-4ISBN-13:978-4-8404-2865-12009年06月発行定価3,990円(本体3,800円+税)

水難救助ハンドブック

オランダ水難救助協会の主導により、世界中の水難救助の専門家、救急医らが集まって、溺水事故の予防から事故の際の救助、処置についてまとめた初めての本格的書籍。水難救助に関する必要な情報が網羅されており、何がよくて、何がよくないのかの判断の基準となりうる。救急医、ライフセーバー、災害関連の専門家など、溺水事故や水難救助に関わる専門家に必携。

【書籍DATA】

J.J.L.M. Bierens編小林國男/斎藤秀俊/鈴木てつじ監訳B5上製531頁図表87点C3047ISBN : 978-4-431-10036-22008年10月出版23,100円(本体:22,000円)

病院前医療を読み解く
−救急救命士制度改革に向けて−

日本の救急医療が抱える構造的な問題である「病院前医療の空白」の解決策を探る。ドクターカーの現状と課題、メディカルコントロールに関する包括的提言、救急ヘリ導入の可能性等について海外との比較も含めて考察し検証する。

書籍DATA

鈴木 哲司著 
出版社:知玄舎
135頁 25.6 x 18.2 x 1.2 cm
ISBN:4-434-05228-4
2005年01月 出版
1,890円 (本体 : 1,800円)

命の現場24時!!民間救急救命士の使命と実態

救急救命士は消防機関以外の場所でも活躍している。
そんな民間の中で頑張っている「民間救急救命士」たちにスポットをあて、彼らの活躍の実態を紹介する。

書籍DATA

鈴木 哲司著 出版社: 知玄舎
239P 18.8 x 13 x 1.8 cm
ISBN : 4-434-04315-3
2004年4月 出版
1,890円(本体 :1,800円)

論文

Issues and Solutions in Introducing Western Systems to the PrehospitalCare System in Japan

The WesternJournal of Emergency Medicine (TetsujiSuzuki,MasamichiNishida Yuriko Suzuki, KunioKobayashi,S.V. Mahadevan、学術雑誌、2008 )Vol.9 / No.3 , 166-170

救命センター患者に対する免疫強化栄養剤投与による白血球Toll-like receptor4発現の変化と臨床的有用性

日本外科感染症学会雑誌 (西田昌道,高橋耕平, 鈴木哲司, 大貫麻美,池田弘人,坂本哲也 、学術雑誌 、2008 ) 第5巻 / 第4号 , p.275-80

The Imminent Healthcare and Emergency Care Crisis in Japan

The Western Journal of Emergency Medicine (Tetsuji Suzuki,Masamichi Nishida,Yuriko Suzuki,Kunio Kobayashi 、学術雑誌 、2008 ) Vol.9 / No.2 , 91-96

子どもの事故と予防
-尊い命を守るため-

チャイルド・サイエンス (鈴木哲司,大松健太郎,鶴本一成 、学術雑誌 、2008 ) 第4 / , p.56-60

「救急業務民営化」の可能性に関する考察
─高齢化社会がもたらす救急搬送サ一ビスの将来的展望─

帝京平成大学紀要 (鈴木哲司 、大学・研究所等紀要 、2007 ) 第18巻 / , p.89-111

中国の経済改革がもたらすに救急医療政策の行き詰まりについて.

日本救命医療学会雑誌 2006;20:125-30.

―より良い救急医療体制構築の一環として―.

帝京平成大学紀要 2005;17:13-27.

救急医療と情報

―有機的な医療社会構築への模索―救急医療情報システム構築をめぐる考察―.
日本クリティカルケア看護学会誌 2004;1:39-50.

現代救急医療とその展望

―小児救急医療の現状と21世紀に向けた救急医療政策の提言―.
千葉商大論叢 2003;41:43-81.

ご挨拶・プロフィールはこちら


鈴木てつじからのメッセージを動画で視聴いただけます。