2010年02月記事一覧

学習と行動[ 2010年02月25日 ]

学習とは、行動を促す人類にとってかけがえのない営みである。

社会は常に、時代が求めるものにあわせて仕組みやルールを決め、人々や組織を動かしていく。

救急救命士に関わる問題は、構造が引き起こしている。とにかく行動しないことには何も変わらない。行動した人だけが成果を上げる。

行動しか救急救命士の未来を創りだすものはない。行動したら結果がどう出るか、それを心配するより身の周りに起こっている問題に対してしっかりと分析してそれについて深く思考すること、学習を行なうことが必要だ。

『主権在現』[ 2010年02月21日 ]

翻って病院前救急医療に目を向けるならば「病院前救急医療の主権は現場にある」と言える。まさに「主権在現」であり、現場への権限委譲の徹底を図るためにMC体制が構築されている。

『主権在現』とは、「ビジネスの主権は現場にある」という意味であり、現場への権限委譲を徹底させている事を意味する。

これは、十二期連続増収益を果たしたドン・キホーテで使用されている社内用語であり、ドン・キホーテの社内風土を端的に表す言葉といえよう。


2010年

2009年

1999年

鈴木てつじからのメッセージを動画で視聴いただけます。